小山会計事務所
事務所概要
業務内容
ブログ


Serch
サイト内検索

Calendar
カレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前月 2018年10月 次月>>
New Entries
新着記事
Categories
カテゴリ
Archives
アーカイブ
Link
リンク
Other
その他
RSS 1.0
処理時間 0.050122秒
 

今年の目標・・・というかやらないといけないこと
早いもので今年も1ヶ月が過ぎました。
例年今年の目標を一応書いていたりしますが、今年は目標というよりやらねばならないことが出てきました・・・。

私は結構占いを信じるのですが、今年の私の運勢はどれを見ても「健康に気を付けろ」と書いてありました。
確かにそんな年齢に差し掛かってきたんだよな、と軽い気持ちで考えていたのですが、3ヶ月に一度定期的に通っている病院にてどうも血圧が高いと指摘され、初めて降圧剤を出されました。
血圧は昨年くらいから上昇していました。しかし昨年の健康診断では上が120、下が80と全然正常値が出ていました。
しかし今年になってどうも高めの数値が頻繁に出るようになっていました。

私も悪いのですが、今までそれを妻には話していませんでした。
しかし病院でもらってきた薬等を家の玄関に放置しておいた中身を見て妻が激怒、更にその場で血圧測れ、と言われて測定してみた所何と上は200オーバー・・・
半殺しにされるんじゃないか、と思うくらい妻にめちゃくちゃ怒られました・・・。
ついでに妻の血圧まで上がってしまうというオチも付いてしまったのですが、さすがに200はヤバい、と私も悟り、急遽ダイエットを開始することになりました。

考えてみると私は今までまともに痩せようと努めたことがないんですよね。やはりお酒の量が凄かったんだと思います。
そんな訳で幸い新年会等も一段落しましたので食べる量をかなり減らしてお酒も飲まないように努め始めました。
いや、あれだけ怒られたら食う気も飲む気も失せてしまいましたよ・・・。

そんな訳で今年の目標、というかやらねばならないことはズバリ痩せることと血圧を下げることです。
ダイエット開始して約3週間ですが、いきなり3kg体重が減りました。今は更に1kg落ちてますが、そこからはなかなか落ちないですね。元々の体重が多すぎたのでしょう。
あと10kgは落とさないといけないそうですが、そこまで落とした所で諸数値が回復するかどうかはわからないです。けどそんなに言うならやってやろうじゃないの、とは思っています。

それと血圧上昇の大きな原因として、塩分の摂取が多いことも挙げられます。
散々ここで触れてますように、私は滋賀県彦根出身なのですが、味覚的には京都の隣ですが完全に北陸エリア(大津や草津なら京都の味付けに近いらしい)、すなわち濃い目の味付けになります。
確かに幼少期から母の濃いめの味付けに慣れてしまっていて未だ濃い目の味付けでないと気が済まない、それも生粋の京都出身でただでさえ薄いのに更に薄め(いくら何でも薄すぎるだろ、と言いたくなるくらい)の妻の味付けには未だ違和感を覚えるのですが、もうそろそろ慣れるか辛抱するかしないといけませんね。
唐揚げには塩をかけるのではなくレモン汁をかける、といったちょっとした工夫を重ねていくことも必要かもしれませんね。

また急激な温度変化にも気を付けないといけません。
今までは自宅⇔事務所の移動もちょっとの距離なので、と上着も着ずに行き来していましたが、ちゃんと上着を着るようにしたり風呂に入る時は着替える部屋はストーブで暖めると共に風呂場もたまたま最近付けたガスの暖房を付けるようにして寒暖差を極力なくすように努めています。
そんな年寄りみたいなこと気を付けるのか、とは思わない方がいいんじゃないでしょうか。もう私も若くはないですし。

降圧剤は飲み始めて1週間程で効き始めました・・・が、ちょっと効き過ぎかも。
というのも夜になると血圧が上は100、下は40程度にまで下がってるんですよ。しかし朝は上が140、下が90程度とやはり高めです。

これから確定申告期に突入して夜の予定はなくなりますので、更に体重を減らすには絶好の機会かと思います。
しかしその後またいつもの様に飲み食いしていたらまた逆戻りしてしまうでしょう。
そんな訳で今までのようなノリでなくなってしまって皆さんにご迷惑をおかけするかもしれません(?)が、こういう事情を汲み取ってご理解いただければ、と思います。
よろしくお願いいたします。

| http://koyama-kaikei.jp/index.php?e=74 |
| 日々の雑記 | 10:57 PM | comments (0) | trackback (0) |