小山会計事務所
事務所概要
業務内容
ブログ


Serch
サイト内検索

Calendar
カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2018年08月 次月>>
New Entries
新着記事
Categories
カテゴリ
Archives
アーカイブ
Link
リンク
Other
その他
RSS 1.0
処理時間 0.039924秒

全日本テーブル筐体愛好会新年会 in 三条市(Part 1)
あっという間に今年も1ヶ月経ってしまいました。
いつもなら今年の目標等を書いたりするのですが、そんなことやってる間もなく怒涛の日々が過ぎていきました。
昨年は非常に忙しかったのですが、当初の予定では今年はそんなに忙しくなる予定ではなかった・・・のですが、どうやら今年も忙しくなりそうです。
とりあえず途中でくたばらないように頑張りたいと思います。とにかくあれこれ考えてる間が惜しいです・・・。

という訳で1月は週末も予定が目白押しでした。
去る1月14日から15日にかけて、最近ここでもちょくちょく出てくる「全日本テーブル筐体愛好会」の新年会が会長(勿論会員No.1→因みに私は会員No.23です)ヒジヤンさんのお膝元の新潟県三条市にて開催されたので行ってきました。
昨年も同じ時期に新年会が開催されたのですが、私はスキーに行く予定を立てていたため断念しました・・・が、昨シーズンは暖冬で行こうと思っていた場所の積雪が何と0cm・・・という訳で宿泊先からわざわざ「キャンセルしますか?」と電話がかかってきて結局キャンセルした、という結末になりました。新年会行こうと思えば行けたじゃん・・・。
そんな訳で今回は昨年のリターンマッチも兼ねて何が何でも新年会に行くぞ、と決めていました。
・・・まさかあんなとんでもないことになるとは思ってもいなかったのですが・・・。

そうです、覚えておられる方も多いと思いますが、1月第二週の週末は超ド級の寒気が日本に押し寄せてきたんですよ。
そんな中雪国の新潟へ、しかも車で行くなんて無謀の極み・・・。しかし我々は行きましたよ!!!
「我々」、つまり私ひとりじゃなかったんです。
実は今回の新年会に是非とも私と一緒に参加したい、と隣の奈良からお声がかかったんです。
皆さん全日本テーブル筐体愛好会会員。会員No.85Q.P.さん、そのお父さん(は私の年齢に近い、ということで実は今回の新年会参加者で最年少がQ.P.さんでした)の会員No.165みつながさん、そしてキリ番会員No.100ながれさん。実は今年頭の三連休にこの皆さんで決起集会(?)的に一度うちの事務所に集まっていただいて応接室及び今は旧事務所にも置いてあるゲーム筐体で遊んだりして親交を深めてました。

そんな訳で新年会の前日。新年会の前に昼から色々と会長がイベントを企画して下さってましてそれに間に合うように行くには午前3時に出発しよう、と事前に決めていたのですが、やはり天気予報通り北陸方面は大荒れの天気になってました。そこへ会員No.100のながれさんから連絡が。「AM0:00に出発しましょう!」ええっ!?
・・・前日私は近畿税理士会で一日中会議がありまして帰宅したのが午後7時。それからあれこれ突貫工事で片づけて寝られるのがPM8:00。いい所4時間しか寝れないじゃん、と思いつつ何とか頑張りましたが、結局2時間くらいしか寝られずAM0:00になってしまいました・・・が皆さんちゃんと来られましたよ・・・。
いや、私とは違って皆さん隣とはいえ奈良から1時間はかかって来られてるんですよ。
こうなったら超ハイテンションで突っ走るしかない、と覚悟を決めて出発しました。


案の状滋賀県〜福井県境辺りで風雪がきつくなってきました。しかし福井市付近〜石川県〜富山県辺りは案外順調に進めました。
何と言っても同じゲームという趣味で集ってる皆さんだけに会話も盛り上がり終始ハイテンションのまま。2時間しか寝てないはずなのに全然眠くなかったです。


程なく新潟県に入り先日大火事のあった糸魚川を過ぎてかつては難所だった親不知/子不知のエリアに。しかし今やこの辺りはトンネル地帯で案外雪の影響を受けなくなっています・・・がトンネルとトンネルの間は容赦なく暴風雪が襲い掛かってきます。しかし我々は果敢に進んでいきました。
実は会員No.100ながれさん、私の事務所の顧問先の社長でして、運送会社を経営されています。
かつては長距離の運転も経験されていたとのことで雪道の運転も慣れたもの、色々アドバイスも戴きまして非常に助かりました。
この人がいなければひょっとしたら我々は新潟まで無事にたどり着けなかったかもしれません。いつもお世話になってばかりですが、こんな場面でもお世話になるとは・・・本当にありがとうございました。


(↑:2年前にスキーに行った時の写真ですが)
それと今回使用したうちの事務所の営業車(冬場はスタッドレスタイヤに履き替えている&タイヤチェーンも持ってました→ながれさん曰く「山沿いにでも行かなければタイヤチェーンは要らないですよ」実際さすがにタイヤチェーンは不要でした))のホンダフィット(2代目)のタフさにも救われました。
普通のFF(前輪駆動)ですが、皆さんが普段乗っておられる他社の車とは全然違う、と絶賛されてました。
個人的にはんなもん当たり前だろ、と言いたくなったのですが。約40年前(は私が住んでいた彦根界隈も豪雪地帯でした)スバルが四輪駆動を出してくるまではホンダはFFで独壇場でしたから。
他社のFR(前にエンジンがあって後輪駆動)の車が走れなかった雪道をホンダの車はスイスイと走ってました。だから私の父はその頃からホンダの車を愛用していたんですよ(それがうちの事務所の第一号の顧問先へと繋がったんです)。



そんな訳でトンネル地帯(途中先日大火災のあった糸魚川を通過して)を抜けるといよいよ暴風雪が我々に容赦なく襲い掛かります。さすがに50km/hくらいでしか走れませんし、あちこちで車が横に突っ込んでました。何度も正に「ホワイトアウト」(目の前が真っ白で何も見えなくなる)になって怖い思いをしながら何とか10時間かけて三条市に到着しました。
三条市に着いたのはいいのですが、物凄い積雪でした・・・。
新潟というと「豪雪地帯」というイメージがありますが、横に長い新潟県全土が豪雪地帯という訳でもなく、実は新潟平野はあまり雪が積もらない場所なんだそうです・・・が、今回は尋常じゃない。地元の人でもこんな大雪は滅多に経験したことがないとのことです。えらい時に来てしまったものです・・・。
ようやく会長とも連絡が付いたのですが、会長はこの豪雪の中全国あちこちから来られる皆さんを迎えに行ったりでてんてこ舞い舞い。
仕方がないので我々はハードオフ(新潟発祥)等で時間を潰すことにしました・・・が私はこんな状況下だというのに顧問先から色々電話がかかってきたりしてその対応に追われてました・・・。

今回も長くなりそうなので今日はこの辺で。
とにかく到着するだけでも一苦労でした・・・がその苦労は報われるどころか本当に来て良かったと思うことが次々と起きました。

Part2に続く。

| http://koyama-kaikei.jp/index.php?e=67 |
| ゲーム関係 | 08:19 PM | comments (0) | trackback (0) |